データ経営支援

経験・勘・度胸に「データ」の視点をプラス。KKDD経営のすすめ。

近年、合理的な根拠に基づく意思決定が重視されるようになりました。中小企業の厳しい経営環境においては、いわゆるKKD(経験・勘・度胸)だけでなく、データにも耳を傾けるKKDD経営の実践が有効です。統計学・経営学の「おいしいところ」を上手に利用し、有用な情報をくみ取ることが大切です。調査の設計から入力・集計、分析まで、中小企業の経営意思決定をサポートします。

サポート事例

データ分析で住宅設備販売店の創業支援

省エネ住設の販売会社にて、創業期のマーケティング活動を支援。消費者アンケートの個票データを統計解析し、強みを生かせる顧客セグメントを特定した。提言とともに、ターゲットに訴求するホームページとパンフの制作も手がけた。
データ分析結果、成果物

その他の事例

  • 電子マネーサービス業者:「どの地域で宣伝すべき?」エリアマーケティングのための仮説を検証
  • アパレルECサイト:「売上を予測するには?」成果予測のために回帰モデルの精度評価プログラムを開発