戦略的連携の競争優位 第1回

当社は、かねてから中小企業の競争戦略に関する研究を進めてきました。本シリーズでは、その取組からわかってきたこと、研究活動のこぼれ話などを紹介していきたいと思います*。

絶えず変化する経営環境のもとで、経営資源に制約のある中小企業はどうすれば競争優位を築けるのでしょうか。自社に不足している経営資源を補う方法の一つに連携があります。連携は、企業間に限定されません。企業と大学、専門家、顧客、支援機関等との連携により、新事業活動や課題解決に取り組むことができるでしょう。中小企業が環境変化に適応し、自らの競争力を維持向上するために、連携を積極的に活用したいものです。その際のポイントは、競争優位の実現や相乗効果の創出を目的として、戦略的な視点を持って連携に取り組むことです。そのような戦略的連携が、中小企業の競争優位性に与える影響について、本研究では実証的に検討します。

*本シリーズは、岡本泰洋(2020)「中小企業の戦略的連携とダイナミック・ケイパビリティ:構造方程式モデリングによる検討」をもとに記事を作成しました。